笑顔

一緒の食事を楽しむために

赤ちゃんが5~6ヶ月ごろから離乳食を始めるにあたって、食事の大切さ楽しさを親である私たちが伝えていくためにも同じ目線で、食事ができるベビーチェアを使用するのをお勧めしています。ひとくくりにベビーチェアといっても様々な種類があります。用途別に使い分けたり、より多く利用するところにあわせて購入したり、いろいろです。
まだ心もとない、腰が据わったくらいでまだ安定していないころは、ハイチェアでもきちんと支えられてベルトがついているもの、ローチェアなら赤ちゃんのおなか周りがあまり緩々になるとまだうまく支えられず倒れてしまい易いので、しっかり守れるものがお勧めです。初めのころはテーブルはあまり必要に感じませんでしたが、10ヶ月ごろになると手がうまく使えるようになり、お座りもしっかりするので、手づかみ食べや、手先を使った遊びをするときにあった方が使いやすいです。
また、持ち運びしやすいテーブルチェアというものもあります。ダイニングテーブルに装着するもので、旅行先や外食先で重宝します。赤ちゃんのお尻がすっぽり納まるので抜け出したりしずらいです。取り付けられないテーブルも中にはあるのでご使用いただく場合は赤ちゃんの安全性など親がしっかりみるようにしてくださいね。

Pick Up

  • ベビーチェアを使って親子でハッピーに!

    そろそろ離乳食が始まる頃、いつからベビーチェアを使ったらいいのか悩ましいですね。小さい頃は、抱っこして食べさせようと考える方が多いかもしれません。ベビーチェア使う理由や影響を知ることで、考えが少し変わるかもしれません。ベビーチェアを使える方がいい理由とは?ベビーチェアを使う理由…

    Readmore

  • 成長に合わせ長い期間使用できます

    我が家には8か月になる男の子がいます。生後2か月のときにベビーチェアを購入しました。高さを5段階で調節することができる、ハイ・ローどちらにもなるテーブル付きです。正直周りで使用している人を見たことがなく、産後すぐは購入を全く考えていませんでした。できるだけ抱っこしていたいとも思ったから…

    Readmore

  • 一緒の食事を楽しむために

    赤ちゃんが5~6ヶ月ごろから離乳食を始めるにあたって、食事の大切さ楽しさを親である私たちが伝えていくためにも同じ目線で、食事ができるベビーチェアを使用するのをお勧めしています。ひとくくりにベビーチェアといっても様々な種類があります。用途別に使い分けたり、より多く利用するところにあわせて購入した…

    Readmore